新年!

更新日:1月26日

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


さてさて1月に入りお正月が過ぎ・・・日常が戻ってきましたね。

と言いたかったのですがコロナウィルス大変な状況ですね。2021年笑って迎えれればよかったのに・・・なんて思っちゃいます。

ミュージックサロンキタムラ音楽教室ではこれからも消毒作業や空気の入れ換えを必ず生徒様の入れ替わりに忘れることなく行い皆様の安心を作っていきたいと思っております・・・!


さすがに1年もたつと空気の入れ換えも除菌で机や様々なものを拭くことも呼吸をするかのように出来るようになりますねぇ・・・ついでに感染関係や消毒などの知識も色々興味深く調べては改善出来るところを探している状況です。


それより今日はとっても寒いですね!窓をふと開けると雪が降ってました・・・寒いはずだ・・・

生徒様がいないときは空気の入れ換えをするため換気をしているのですが今日は本当に寒い・・・エアコンはつけっぱなしで全開で空気の入れ換えをしているのですがエアコンフル回転で壊れないのだろうかと思っちゃいます・・・苦笑


真夏の時も空気の入れ換えをするときはエアコンつけっぱなしだったのですがこのときもフル回転・・・!今回のエアコンは壊れるのが早そうですね。。。

でも仕方のないことなので続けて実施していきたいと考えております・・・!


それでは・・・今回のお話は


レッスン中に泣いてしまうお子様のお話です。


レッスン中に泣き出してしまうお子様は結構いらっしゃいます。

怒ったりもしていないので泣いてる・・・!?とビックリすることが多々・・・


このとき何故泣いているかをハッキリさせることが大切なんですね。

パターンとして


①出来なくて悔しい

②難しくて意味が分からない・・・

③先生が怖い

④出来ないことを笑わないで!


この4パターンが主にあるかなと思います。

対応策として・・・(※すべてのお子様に当てはまるものではございません


当教室での考えになりますので参考程度にご覧ください。


①出来なくて悔しい

当教室で一番多いパターンです。

レッスンは通常通り進んでて顔を見ると私の方がビックリしちゃったり・・・

ちょっと出来ないこととかに出会ってしまうとき何で出来ないの?と自分を追い詰めてしまうことがあるみたいです。

出来ないのが当たり前だよと声はかけるのですが・・・やっぱりスラスラ出来ないのが悔しいみたいです。そんなときは「むしろこんな難しいのがすぐに出来る方がおかしいんだよ!出来なくて当然。先生は出来なくて悔しいなんて思ったこともないから君はきっと上手になると思うよ。先生は本当に上手になるまで時間がかかったから(笑)」

なんて言葉をかけさせてもらうのですがこれ本当なんですよね。

私は出来なくて悔しいと子供の頃思ったことが一つもないんですね。

だから

あまり上手にならない→出来なくて別にいい→先生に怒られる→怒られるのいやだ→音楽嫌い!

という悪循環に陥ってしまったのです。案の定中学生の一番大事な時に音楽から一度離れてしまっているのです。

ところが今は音楽の先生として活動させていただいてるので不思議な縁があるものですよね。ただ大人になってから本当に苦労して勉強して練習しました・・・辛かったです・・・


②意味が分からない!

こういうお子様の場合は必ずレッスンで

「わからない~」「できない~」

と口癖のように喋ってくれます。そんなときははっきりと

「そうだよ!分からないんだよ!アッハッハ」なんて明るくハキハキ話してあげます。

「分からへんのが普通やって!だから先生のところにならいに来てるんやない?」


こう言ってあげると大抵のお子様は次のレッスンからは分からないという言葉を発することが劇的に減ります。

先生という存在が分からないものを教えてくれているということに気づいてくれるんでしょうね。


③先生が怖い・・・

今のところうちの教室で言われたことはないので大丈夫・・・と思いたい(笑)私が知らないだけかもしれませんが・・・苦笑

当たり前ですが先生が怖いと泣いちゃいますよね。

私自身実はこの先生が怖いっていうのが常日頃からありました。出来が悪かったもので・・・

みんながスラスラ出来ることが何故か僕だけ出来ないなんてこと多々ありました。

それは小学生の頃も勿論、短期大学生の時やヤマハ音楽院に通っているときも勿論です。

何でみんなそんなに出来るの~!?今思うと努力だけは本当にしたと思います(笑)


出来ないから先生が怒るんですよね。でもあるとき気づいたんです。怒ってくれるってことは期待されている証拠でもあるんですね。専門学校を卒業後東京に行って私の先生に飲み屋に連れて行ってもらったことがあるのですがその時に言ってくれました。本当に腹がたってるなら怒りもしないし何も言わないよ。だからあのときはきっと君なら出来ると思ってちゃんと叱ったんだよ。

そんなことを言われてうれしく思ったことがあります。

基本的には私の教室では怒らず褒める指導をするようにしております。保護者様の希望に応じて厳しくさせていただくこともあるのですがその時はその私の先生に言われた『期待しているから叱る。』この言葉を大切に指導させていただいております。


④出来ないことを笑わないで・・・!

笑顔あふれるレッスンにしたい・・・そのレッスンが裏目に出てしまうことがあります・・・

これは私としても反省すべき点でもあるのですが間違えちゃった時に大丈夫だよという意味を込めてニコニコしたりするのですがお子様は真剣に頑張っているんですね。

非常にデリケートなところとなっておりこれは大人の生徒様も含め笑って大丈夫な人もいれば笑われることが嫌な人もいらっしゃいます。

できる限り性格などを考慮してレッスンは行っているのですが先生も生徒様も人間ですからその時の調子があるんですね。

この場合はもう全面的に先生が悪いですね。頑張ってる姿が微笑ましいのでどうしても私や保護者様もクスッとしてしまったりするのですがこれが面白くないんでしょう・・・

そんなときは傷つけちゃったな・・・と深く私も反省しております。

二度とそんなことがないように・・・!と頑張っております。悪気があってしているのではないので許してくれたら・・・と思います。この場をお借りしてごめんなさい!


と泣いちゃうポイントはお子様によっても様々・・・!またこれらが複雑に絡み合っているときや勿論これ以外のことが原因になっていることもあります。

そんなときはお互いもっともっと良いレッスンにしていくために一緒に頑張っていけたらと思っております。


ミュージックサロンキタムラ音楽教室ではお子様~大人の生徒様まで幅広い年齢の方々にお越しいただいております。

今回の記事ではお子様に向けたブログになってしまいましたが大人の方も勿論大歓迎ですのでピアノや歌などやってみたい・・・!と思われている方はどうぞお気軽に一度お問い合わせください♪

近頃ではラインでのお問い合わせが一番手軽で皆様にご利用いただいております。お電話が苦手な方はラインでのお問い合わせでも喜んでお受けいたします!

お電話でのお問い合わせも大歓迎です♪


それではコロナの感染予防対策を万全にしながらこれからも元気に営業頑張っておりますので教室の無料見学ご希望の方はいつでもお問い合わせください!

ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました。

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示